スタニュー

元SMAP・松本人志などを中心とした芸能ニュースまとめ、ボケて、ネット情報、断捨離、オタク情報など

松本人志、相方の強すぎるツッコミで本番中に流血...

 
ダウンタウン

 

7日放送の「水曜日のダウンタウン」(TBS系)で、松本人志がコント中に浜田雅功のツッコミで流血したエピソードを明かした。

番組では「ツッコミ 強ければ強いほど面白い説」と題し、強烈などつき漫才でブレーク中のお笑いコンビ・カミナリのネタを検証した。
その結果「強すぎるとひいちゃう」という検証VTRが終わると、スタジオの松本は、
「僕も浜田さんのツッコミで血出たことありますけどね」
と打ち明けたのだ。

浜田と刑事コントをしていた際、
「取り調べみたいのがあって。(刑事役の浜田が)『吐け!』とか言って。で、(犯人役の)オレは吐かないみたいな」
と、松本はコントの流れを説明する。

そして、
「で、ここに(卓上に)ボールペンがあったのよ。でアドリブでガーン! やられて!」
と、松本は浜田に頭を掴まられると、卓上のボールペンめがけて、頭を叩きつけられてしまったそう。
その際に、ボールペンの角が松本の額に刺さり、
「血がタラーって出て」
と流血した様子を語った。

痛そうな顛末を語る松本に、共演者から悲鳴が上がる中、松本は、
「で僕、吐いたもんね。急遽!」
と思わず取り調べに応じてしまったと話にオチを付け、浜田は爆笑
スタジオは大きな笑いに包まれた。
放送日 2017.6/7
 
引用元:livedoorNEWS・トピックニュース

中居正広が語る「SMAPのライブ演出のこだわり」解散してから明かされる意外なメンバー愛!

23日放送の「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」(TBS系)で、番組MCの中居正広が、SMAPのライブ演出におけるこだわりを明かした。

番組では、俳優・大泉洋が所属する演劇ユニット「TEAM NACS」の5人がこれまでの活動を振り返っていた。
VTRによると、東京進出がきっかけでメンバー格差が生じ、関係が悪化する時期もあったとか。
次第に、TEAM NACSの定期公演はそれぞれの自己アピールの場となったというのだ。
問題解決のため当時、大泉が初めて台本を手掛けて各人の出番を調整するも、修復はなかなか難しかったということだった。

VTRが終わると、俳優の安田顕がひとつだけ言わせてほしいと前置きした上で、
「TEAM NACSを見てくださる方は、5人のファンのお客さまだと思っている」
「5人のそれぞれを光らせていかないと、お客さまが満足しない」
と考えていると明かしたのだ。

すると中居は、以前SMAPのメンバーをまとめる立場だったことから、自らがライブの演出をしていた際のエピソードを語った。
「ここはアイツに歌わせたい」などという欲が出て、他のメンバーを優先した結果、自身の歌のパートがなくなってしまったというのだ。
だが中居に不満はなかったそうで、
「演出構成していくとそうなる。歌がうまい子もいれば、踊りが不得意な子もいれば…順番をいろいろ変えてあげると輝く場所ってある」
と説明した。

自己よりもグループを優先した中居の姿勢に、作家の室井佑月氏は、
「それって本当に好き合っているってことじゃないですか。好きじゃなかったら自分のことだけ考えちゃう」
とコメント。
中居は、
「まあ、そうなんだろうね」
と漏らし、メンバーに対する愛情を認めていた。
放送日 2018.3/23
 
引用元:livedoorNEWS・トピックニュース

ロンブー淳、オリラジ中田の『芸人オワコン事件』に言及!「謝ってすむ問題でもない」

 
ロンドンブーツ1号2号・田村淳

 

3日放送のラジオ番組「ロンドンブーツ1号2号 田村淳のNewsCLUB」(文化放送)で、ロンドンブーツ1号2号・田村淳がオリエンタルラジオ・中田敦彦のブログをめぐる騒動に言及した。

番組では「『芸人オワコン』事件続報」と題し、中田による先輩、ダウンタウン松本人志批判を取り上げた
3月、脳科学者・茂木健一郎氏が日本のお笑い芸人を、
「終わっている」
「空気を読み過ぎなんじゃないか」
と批判し、その後、松本と共演して、
「誤解を与えてしまって本当に申し訳なく」
と謝罪していた。

中田は、自身のブログでこの番組を取り上げ、
「大御所にセンスがないとか価値を決められてしょげ返っている様子こそが茂木さんの意見通りだったのに」
と、暗に松本を批判した。
その後、このブログは吉本興業内で問題になったようで、中田に吉本の社長たちが謝罪を迫ったそうだ。
中田はその事態を明らかにして「謝らない」という意志表示をしている。

淳は、自身も所属する吉本が中田に謝罪させようとしたという話について、
「そういうこと言いそうな会社だなと思いましたよ」
と印象を語る。
そして、
「謝ってすむ問題でもない」
とし、
「謝りたくないんだったら、謝んなくていいと思います」
と自身の見解を述べた。
そして、
「それぞれの意見を、空気を読みながら留めるんじゃなくて、思ったことをちゃんと言えるってほうが健全」
だと指摘した。

今回の茂木氏、中田、松本による一連の流れについて、淳は好意的だったよう。
茂木氏の発言と、その発言を擁護する中田、茂木氏を番組に呼んで「寛大に受け止める」松本の3者を「なんかいい循環が始まったな」と思っていたそうだ。
ところがそこで吉本が後輩の中田に謝罪を迫っている、とされる展開に、
「松本さんもそんなことを望んでないんじゃないかな」
「会社の『忖度(そんたく)』が始まっちゃって」
いると嘆いていた。
 
放送日 2017.6/3
 
引用
livedoorNEWS・トピックニュース